感劇市場 2006 Program


東京オレンジ 

TOKYO ORANGE 2006
クロックワークオレンジシリーズ#4
「R&D+PLAY!」

〈ライブ・パフォーマンスの新たなる可能性「インプロヴィゼーショナルシアター」シリーズでは、『インプロ(=即興)』メソッドを使い、出演者と客席が一体となって、その肉体とアイディアを駆使し、たった一度しかない"いま・ここ"(=オンリーワンシアター)を創り上げていきます。(東京オレンジ主宰 横山仁一)
 
 
 


 
構成・演出・出演:横山仁一
振付・出演:金崎敬江
出演:金川周平、住友大気、黒川順子、井上麻由子、君島徹、細谷通子、尾藤温子、久保田淑美他
 
ピアノ:小林瑶子
打楽器:江村桂吾・高屋敷祥一他
美術・照明:関口裕二(balance,inc.Design)
音楽監督:江村桂吾


学習院女子大学舞台愛好会 自主企画公演

「メイドイン♡萌えらぎ」

第二回感劇市場は、ユニークポイントの石橋龍氏演出の元、流行のメイド喫茶を舞台とした演劇を創作。歌を歌ったりダンスしたり、また新しいことにチャレンジ。特に衣装は自作した部員もいるほど気合い入れまくり!愛や夢や仕事…それぞれの思いを描いた。

 
 
 
 
日時:2006/11/23(土)・24(日)
監修:山田裕幸

構成・演出:石橋龍
脚本:石橋龍・舞台芸術愛好会メンバー
 


第七劇場

「新装 四谷怪談」      


 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界でも評価の高い三島由紀夫の名作「近代能楽集」より、『班女』と『葵上』を2本立てで上演します。最近話題の外部カンパニーなどからキャストを集めた特別公演。独特な演劇空間と世界観で評価の高い第七劇場の、通常公演とはまた違った劇空間を味わえます。
 
日時:2006/11/6(月)
原作:三島由紀夫『近代能楽集』より
構成・演出:鳴海康平
 
出演:阿竹花子、久保田芳之(reset-N)、平佐喜子(Ort-d.d)、西尾文(劇団森)、洪明花(ユニークポイント)
 
照明:島田雄峰(Lighting Staff Ten-Holes)
音響:和田匡史
 
共催:第七劇場
協力:atelier SENTIO


演劇集団 反

「くさびを打て」


今年の初めに結成された<自殺クラブ>の会員は33名いたが、これまで26名が生きる意欲を取り戻し、クラブを去っていった。行動予定日である12月の最後の夜、クラブに集まった会員は7名だった。彼らはこの出会いを喜び、お互いの体験と苦痛を分かち合い、人生最後のパーティーを楽しもうとしている。午前零時を待っている誰もが、そのパーティーの目的を口にはしない。自身の生と死の境に立っている彼らの感情は、時には不条理で時には異様で叙情的である反面、決定的だ。午前零時を知らせる鐘の音と同時に、彼らは準備された毒劇物を次々に飲んだが…
 
 
 
日時:2006/11/10(金)・11(土)
脚本:カン ウンキョン
演出:パク ジャンヨル
出演:コ クァンジェ、ウォン ジョンチョル、ムン チャンワン、ソン ギョンソン、
クォン ギテ、キム ジオン、キム ジウン

 
主催:学習院女子大学舞台愛好会
共催:演劇集団反/ユニークポイント 
制作:Big Wave/金灘日
制作協力:atelier SENTIO
後援:駐日韓国大使館 韓国文化院/流山児事務所/青年劇場/三百人劇場/タイ二イアリス/劇団池の下/ストアハウス/(社)韓国演劇協会/(社)韓国演出家協会/韓日演劇交流協議会

Archive