感劇市場 2009 Program


コンドルズ 

「君のプランでOK!」~笑い渦巻くコンテンポラリーダンス~

近藤良平×石渕聡による、一夜限りのステージです! 普段のコンドルズ公演では見ることのできない、二人ならではの パフォーマンスをお楽しみください。

 
 
 
 
 
日時:2009/11/28(日)
構成・振付:近藤良平
出演:近藤良平、石渕聡


東京オレンジ 

TOKYO ORANGE 2009
インプロヴィゼーショナルシアターシリーズEX「Live the LIFE」

〈ライブ・パフォーマンスの新たなる可能性「インプロヴィゼーショナルシアター」シリーズでは、『インプロ(=即興)』メソッドを使い、出演者と客席が一体となって、その肉体とアイディアを駆使し、たった一度しかない"いま・ここ"(=オンリーワンシアター)を創り上げていきます。
わたし達の考えるインプロ"人生ゲーム"三本立て「Live the LiFE(…人生を生きる)」…ルーレットを回し、お客様から頂いたお題をボードゲームの設定として利用していくがごとく、様々なところに生きる様々な人物の人生模様を、様々な演劇的なスタイルでコラージュしていきます。(東京オレンジ主宰 横山仁一)
 
 
日時:2009/11/3 (金・祝)
構成・演出:横山 仁一
出演:金川周平、住友大気、中田大地(劇団SQUASH)、吉井俊輔、阿部みゆき、井上奈美(洗足学園音楽大学ミュージカルコース)、金崎敬江、辻沢綾香(双数姉妹)、今林久弥(双数姉妹)、佐藤拓之(双数姉妹)、今井敦(即興演劇 だんすだんすだんす) 他
 
即興ミュージシャン:長崎勉
MC: 横山仁一
 


学習院女子大学 舞台芸術部

「闇の光」

学習院女子大学 舞台芸術部合同公演、 2009年度の演出家は次の方に決定いたしました。 劇団「柿食う客」中屋敷法仁(なかやしきのりひと)氏( 演出家/劇作家/劇団「柿喰う客」代表) 人間存在や現代社会を躍動感溢れる身体表現で冷笑的に描き出す。 虚構性の強い演技法・発話法を操り、「反・現代口語演劇」の旗手として注目される。 海外公演や国内ツアーなど、精力的な公演活動を行う。外部演出も多数。

戯曲はなんと、近代演劇の革命家ブレヒトの『闇の光』となりました。 しかも、おそらく日本初演です。

 
日時:2009/11/1(日)
脚本:ベルトルト・ブレヒト

構成・演出:中屋敷法仁
出演:学習院女子大学 舞台芸術部

 


青年団 プロジェクト公演

「ヤルタ会談」/「隣にいても一人 -関西編-」      

ヤルタ会談©青木司

隣にいても一人


 
 
 
 
 
 
 
 
 
『ヤルタ会談』
第2次世界大戦の終戦間際、戦後世界の支配をめぐって米・英・ソ首脳によって行われた 「ヤルタ会談」を痛快にパロディ化した青年団レパートリーの30分の小作品。
出演:松田弘子 高橋 縁 島田曜蔵
 
 
『隣にいても一人 -関西編-』
朝目覚めると何故か夫婦になっていた昇平とすみえ。離婚の危機にある彼らそれぞれの兄と姉。二組のカップルを通して、夫婦のあり方を淡々と綴っていく平田オリザ流不条理劇。
出演:永井秀樹 端田新菜 井上三奈子 二反田幸平
 
日時:2009/11/7(土)・8(日)
作・演出:平田オリザ


Theatre Company Ort-d.d

A・R-芥川龍之介素描-

『A・R-芥川龍之介素描-』は1993年に劇団NOISEが上演、晩年の芥川と彼を取り巻く人々の姿を軸に、「蜘蛛の糸」「羅生門」「地獄変」「或阿呆の一生」などを絡ませ、芥川の生きた時代と彼が目指した芸術を描こうとした作品である。

 
 
 
 
日時:2009/11/21(土)・22(日)
原作:如月小春
構成・演出:倉迫康史
出演:村上哲也、三橋麻子、小田さやか、平佐喜子、渡辺麻依、杉村誠子、金子由菜、三村聡、加藤幸夫、佐藤円


ユニークポイント

「水飲み鳥」-人間のエゴに向けられたたしかな眼差し-

友人の死をきっかけに高校の同級生が久しぶりに集まることになった。 一生信頼し合おうと誓った私たちなのに、どこかぎこちない。山田裕幸、 初の自伝的新作公演です。広島、静岡とまわる国内ツアー最終公演。

 
 
 
 
 
日時:2009/11/14(土)・15(日)
脚本・演出:山田裕幸
出演:戸枝直明、間瀬英正、古市裕貴、久保明美、北見直子

Archive