演劇?ダンス?なくても全然困らないし。

現在、全国の小中学校・高校では、演劇の手法を使ったコミュニケーション教育が盛んに行われており、演劇やアートを学ぶ人たちにとって、キャリアの大きな選択肢のひとつになりつつあります。
また、特色ある街づくりを目指す地方自治体にとっては、教育行政を先取りする魅力的なコンテンツのひとつとして、学校現場でのコミュニケーション教育を取り入れる自治体が増えています。教育分野以外でも、《介護》《子育て支援》《安全》《防災》《多文化共生》など様々な社会的活動において、演劇や演劇を活用したワークショップの手法が取り入れられています。
本企画は、全国各地で演劇を活用したワークショップを展開しているNPO法人PAVLICのメンバーをお呼びし、実際に行われている教育プログラムを体験しながら、現場から届いている実践成果を検証し、演劇が社会にとって果たす役割を、本学教授の内野儀がゲストとともに探っていきます。

 
 


国宝人間級10

コンテンポラリー・ダンス界で圧倒的人気を誇るコンドルズ。主宰の近藤良平は今やアートフェスティバルから国体まで斬新な振付を求める依頼が殺到し多忙を極めているが、年に一度やりたい放題をやるのがこの『国宝人間級』シリーズ。かたや相棒の石渕聡も、近藤に負けず劣らぬ芸達者。二人が繰り広げる宝石のようなこの時間こそ、コンドルズファンであってもなくても、観なくては損をします。ご期待ください。

 
 


しゅうかつノート

学習院女子大学舞台芸術部Sakura Farmのメンバーと、国際文化交流実習の履修生が中心となり、プロの演出家、俳優とともに作品を創作していきます。創作過程をともに体験しながら、芸術と社会を結びつけるため方法を探り、作品づくりの厳しさと面白さを体験していきます。ぜひ成果を見に来てください。お待ちしております。