演劇と映画って何が違う?

「古波津映像ラボ」

日時:11/11(日) 

13時~14時30分 舞台版「トリガー」の上演
15時~17時 「トリガー」のワンシーンの映像化プロセスの公開

2005年、テアトロ新人戯曲賞を受賞した「トリガー」を上演した後、プロの映画監督がそのワンシーンを切り取り、映像作品化します。撮影、編集、演出のすべてのプロセスをご覧いただくことで、演劇と映画の違いを、鮮明に浮かび上がらせます。

【舞台版トリガー】
作・演出 山田裕幸

※舞台機構上、上演は一部簡易的な演出となります。ご了解ください。

出演 古市裕貴/北見直子/古澤光徳/水田由佳/ヤストミフルタ/吉田雅人/山田愛
音楽 ヤストミフルタ

【古波津組スタッフ】 
撮影 千葉孝/山田晃稔
編集 伊藤了太

料金:一般 2,500円 25歳以下 1,000円

予約:kohatsu@pafe-gwc.info

【古波津陽プロフィール】


1973年東京生まれ。2009年に段ボールで25mの城を建てる戦国武将の物語「築城せよ!」(主演:片岡愛之助)で長編劇場映画デビュー。密室スリラーの「JUDGE」から、「beポンキッキーズ」などの子供番組、ホームドラマやイリュージョンまで、多ジャンルにわたる作品を監督している。代表作に長編映画「ハイヒール革命!」、ドキュメンタリー「1/10 Fukushimaをきいてみる」シリーズ、ショートフィルム「箒(ほうき)」「君へのビデオレター」などがある。

 


企画チラシ